髪質が良くなる!?煌髪(きらり)で白髪を染めよう!~新発想の白髪染め煌髪をご存知ですか?

煌髪(きらり)なら髪に優しいと評判なので髪質が良くなるというユーザーも多いそうです。香りもよく聖マリアンナ大学皮膚科学研究チームとの共同開発により生まれた商品なので安心できます! - 白髪染めのカラーを長持ちさせる秘訣

白髪染めのカラーを長持ちさせる秘訣

せっかくきれいに染めた髪の毛。どうせなら、できるだけそのままのカラーで長持ちさせたいですよね。白髪染めを使用した時、どうやったら長持ちさせることができるのか、その秘訣をご紹介いたします。

■内側に浸透させる
まずは、白髪染めを使用する際、髪の奥深くにまで色を浸透させ、しっかりと染色することが必要となってきます。自分が染まりにくい髪質だと思う方は、使用説明書に記載している放置時間よりも少し長めに時間をおいてみるなど工夫をしてみてください。また、染髪時にしっかりとラップやシャワーキャップなどで髪全体を覆い、浸透力を高めることも重要です。この時注意していただきたいのは、ヘアマニキュアで白髪染めをされている方。ヘアマニキュアは髪の内側に色素を浸透させるのではなく、外側をコーティングするようにして染髪するものなのです。なので、摩擦などで脱色しやすいという難点があります。長持ちさせたい方は、ヘアマニキュアでの白髪染めは避けた方が良いでしょう。

■外側をコーティングする
しっかりと染色した後は、トリートメントすることで外側をコーティングしてください。浸透した色素を逃がさないことはもちろんですが、染色によってダメージを受けてしまった髪をケアする目的もあるのです。せっかく染めたのに、髪質が荒れたまま放置するのは、あまり良い事ではありませんよね。長く染髪剤を使うとなると、その分ダメージも蓄積していきます。毎回毎回、その都度のケアが必要なのです。

■毎回少しの手間をかける
いつものように使用説明書に従う染髪ではなく、髪の事を考え少しの手間をかけてみませんか?カラーが長持ちするということは、その分白髪染めの使用頻度が減り、ダメージを少なくすることにつながるのです。