髪質が良くなる!?煌髪(きらり)で白髪を染めよう!~新発想の白髪染め煌髪をご存知ですか?

煌髪(きらり)なら髪に優しいと評判なので髪質が良くなるというユーザーも多いそうです。香りもよく聖マリアンナ大学皮膚科学研究チームとの共同開発により生まれた商品なので安心できます! - 煌髪は染まりにくいって本当?

煌髪は染まりにくいって本当?

今、男女問わず評判の白髪染め「煌髪」。髪へのダメージが少なく、髪質もよくなるという反面、「染まらない」との声もあるようです。本当に煌髪は染まらないのでしょうか?その噂を検証してみました。

■ビニールキャップをかぶらない?
白髪染めをするとき、普通ビニールキャップをつけると思います。ですが煌髪の染髪過程の説明イラストには、ビニールキャップをかぶっている絵はなく、かぶらなくても染髪は可能となっています。ですが、購入後の冊子には「キャップをかぶった方が染まりやすい」という勧めが載っているのです。まずは、この勧めに従って、ビニールキャップをかぶった方がいいという事でしょう。

■時間は十分?
煌髪には「十分早染め」という特徴があります。しかし、これも購入後の冊子には「最初の内は少し長めに放置する方が良い」と勧められているのです。十分でも色が入る事は入るようなのですが、よりしっかりと染めたい方は長く放置した方が良いでしょう。

■色が入るまで繰り返し
一般の白髪染めは一度使うとしっかりと色が入るものが多いよう。けれど、そえうぁキューティクルをはがして無理に染色をするもので、使用するうちに髪にダメージが蓄積されてしまうのです。大して煌髪は独自の浸透成分で髪へのダメージを最小限にとどめた白髪染め。その分他よりも染まりにくい面はあるのでしょう。けれど、放置時間を十分よりも長めにとり、数回染髪を繰り返すと他にも負けず劣らず、しっかりと染まるようです。

■コツさえつかめばしっかり染まる
どうやら煌髪は「染まらない」のではなく、ご自身にあった使用方法がわかれば、他に劣りなくしっかりと染まるようです。髪には良いものなので、色々ためしてぴったりの方法をぜひ見つけてみてください。